Macでユーザー名変更でしくじってログインできなくなったときの復旧手順

先日Macでユーザー名変更した時にログインができなくなってしまったときの復旧手順をなんとなく覚え書きも兼ねて書き残しておくことにしました。

(最近ブログを書くモチベーションがなかなかないのでそのリハビリも兼ねてって感じですが…)

High Sierra〜現行のCatalinaで使えることを確認してます(それ以外はわからん)

ユーザー名変更方法

今回は、自分のユーザーアカウントの表示名を変えるためにシステム環境設定のユーザーグループの詳細オプションから名前を変更をしたところ

自分のアカウントにログインできなくなったというものです。

一応Apple公式での手順は以下のものになります。

※必ず管理者権限のアカウントでログインしといてください。

手順としては

1.システム環境設定(dockかAppleメニューから)→ユーザーとグループを開く。

2.変更したいアカウントを右クリック→詳細オプションを開きます。

Apple公式の手順には事前にホームフォルダを変更した後にホームフォルダとアカウント名を変更するということが書かかれてますが、

自分の表示名を変更のみで良ければフルネームの部分だけを変更し、ログアウトか再起動すればいけるみたいです。

※アカウント名自体を変更する際は、必ずApple公式の手順に書かれている通り事前にホームフォルダの名前を変更してからアカウント名とホームディレクトリの名前が一致するようにしてください。(間違えるとログインできなくなったり、ログインできても挙動がおかしくなります。また、直接ではなく別の管理用アカウントを作ったり、データをあらかじめTimemachineなどにバックアップしてから作業をするようにしてください。)

というわけで次は上記の手順でミスってログインできなくなってしまった場合の復旧方法について説明していきます。

復旧方法

一昔前は、リカバリーモードで起動し、ターミナルでresetpasswordのコマンドでrootのパスワードを初期化し、ログインしてから自分のアカウントを復旧するといった方法もあったようです。

しかし、High Sierra(?)以降ではresetpasswordコマンドでrootのパスワードをリセットできなくなったみたいなので、

以下のサイトを参考に復旧の方をしていきました。


手順としては

1.Macをシングルユーザーモードで起動します。

※command+Sで起動しなくて若干あれ?ってなったのですが、調べてみると最近のモデル(2018年以降のT2チップ搭載モデル)は対応してないみたいです…

その場合は、リカバリーモード(command+R)からターミナルを起動するといった方法になるようです。

 


 

ターミナルを起動し、以下のコマンドをたたいていきます(♯は不要)

#mount -uw /

#rm /var/db/.AppleSetupDone

ここで、

rm /var/db/.AppleSetupDone:No such a file or directly.

と怒られてしまいました。(いける場合もあります。)

どうしたものかと思っていたのですが、以下のサイトの記事で対処することができました。

おそらくターゲットパーティションが指定されていなかったのが原因(?)

 


 

気を取り直して#mount -uw /の後から以下のコマンドをたたいていきます。

#cd /Volumes

#cd Macintosh/HD(macOSがインストールされてるディスク名)

#cd var/db

#rm .AppleSetupDone

特にエラーが出ずに終わった場合は

#reboot

で再起動します。

ようこその画面が出てくるので、後は初回起動のノリで設定していきます。

※こうなってますが、Macの初期設定が完了しましたよっていうファイルを消したことでこうなっているだけなので、既存のデータや復旧前のアカウントは残ったままです。

ログインできたら、再び環境設定のユーザーとグループの画面を開き、最初に書いたユーザー名変更手順の通りに詳細オプションの誤って変更した部分を直していきます。

(正しいパスワードを入力してもログインできなかったりした場合はパスワードのリセットをいったんしておくと良いかと。)

詳細オプションを訂正し、「このコンピュータの管理を許可」にチェックが入っていない場合はチェックを入れて完了。

おそらくこれでいけるはず(というかいけた)

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA